真夜中の電話

皆様お疲れ様です。

眠いです。
昨日眠りが不足していました。

昨日の夜のことです。
いつものように10時を回ったので
布団に入りました。

本日は健康診断でしたから、いつもより早く家を出る必要があったのです。

昨日の投稿の通り、本ブログ1周年のため、私の思いをつづったのち
うとうととしていた時のことです。
私の携帯の着信音が聞こえてきました。
夜の10時を回っていたんですよ。

聡明な読者の方ご察しの通り、私の携帯はならないです。
飾りです。
それが鳴ったのです。

北朝鮮の攻撃かと思いました。
それか地震か。

布団から飛び起き、携帯を開くと(私はスマホと開閉式携帯の2台持ちです)
大学の友人の名前が表示されていました。

2年くらい話していません。年賀状は、送っています。
彼は元旦に送ってくれますが、私はおそらく毎年1月7日ごろに届いていると思います。

何があったんだろうと思って出てみました。

私「おう」

彼「元気?」

私「はい。何かあったの?」

彼「いやそういうわけでもないけど・・・。俺にも同じように聞いて。」

私「??????元気?」

彼「いや、あまり元気じゃない。体調良くない。」

私「そんだけ???」

彼「うん」

私「ふざけんな!!!!このバカちん。あほか。

\(*`∧´)/ ムッキー!!

・・・・

なんて話から始まりました。
夜中の10時半過ぎですよ。
寝るの早いねとか言われたし。

この彼ですが、
私の大学の友人です。
仲良かったです。
地元に帰って公務員やっています。

毎年の年賀状を見ると、子供の写真があってしあわせそうです。
美人の奥さんと、旅行の写真です。
イラッとしないでいられない。

でも彼は、大学時代に一度メンタルをやっていたのです。
心配しましたよ。
連絡取れなかったんですもの。
意識が不鮮明な中、彼は自分のバイクで実家に帰り、そのまましばらく大学にもどらず休養していました。

そんな男です。

彼がいうには、また体調がよくないそうです。
それで私のところへ電話をくれたようです。
話している口ぶりからは疲弊したというところまで疲れていないようで、
受け答えはしっかりしていました。
それでもつかれてはいるんでしょうね。

大人になると、悩みも人それぞれ。
他人にどう思われるかと不安になって、人に相談できませんよね。
彼が何に悩んでいるかわかりませんが、
心に負担がかかっているようです。

とりあえず。私からのアドバイスとしては、以下の通りです。
・がんばるな。
・休みなさい。

急すぎたので、ちょっと対応できませんでしたが、
週末とかで話を聞くよ、と伝えてあります。

彼にはいろいろと借りがあるので、
返すいい機会です。
数少ない友人ですので、
微々たるものですができることはやりたいと思っています。

みんな大変なんですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です