私は 実は切れる若者です。

皆様お疲れ様です。

今日から3連休です。

最高だ。

GUの靴の話です。

黒のスリッポン痛い。痛いよ。

25㎝は痛い。

買いなおしかな。

今日再度シューキーパー引き伸ばしの刑です。

自分の話。

先日、わたしが泣き崩れる話を展開しましたが、

実は私は切れる若者なのです。

といっても誰にでも切れるわけではありません。

親には切れます。

0.5秒で切れます。

一つのワードで切れます。

本当です。

詳しく説明できませんが、やはり過去の思い出から、親のことを快く思っていないのでしょうね。

実際、気に障る人ことで、ブチ切れて帰ってしまったことが何回かあります。

もう常に沸点状態です。

例をあげると「わがままた」などと言われると、一瞬です。

私(ほとんど)わがままなんて言ったことないのに、何を言うかという感じです。

その時は自分のことを完全にコントロールできなくなります。

地雷です。

うちの親は、私といるときは地雷だらけの島状態です。

やっぱり一緒にいることは不可能だなあと思いました。

ずっと、この症状があるのですが、今回初めて冷静に分析できた気がします。

ちなみにこの症状は、親に対してだけだと思います。

兄弟にはおそらく発生しない。

それ以外の他人にはもちろんありません。

この症状を治すにはどうしたらいいんでしょうかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA