世界に一つだけの花 の意味

皆様お疲れ様です。


「世界に一つだけの花」歌詞ですが、たたく人と称賛する人がいます。

たたく人はナンバーワンにならなくてもいいというところをたたく。一番でなければならないと考える。

称賛する人は、競争回避の人。自分を肯定する。今の自分でいいのだと考える。

久々に聞く機会があったのですが、どちらも違うと思います。つまり、ナンバーワンでなくてもいいが、今の自分ではいけない。

大人は人と戦っても仕方ない。自分と戦わなければならない。

本当の自分、という言葉は嫌いですが、自分を見つけなければいけないと思っています。いいところは当然ですが、悪いところも直視です。久々に歌を聞いてそんな風に感じました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA