人生をいきぬく戦略論

皆様お疲れ様です。

格好いいタイトルですが、
大した中身はないと断言します。

私が子供のころから、
父親に「苦手なことはなくせ、不得意なことをなくせ、わるいところをなおせ」
と言われてきました。

小学生のころから、
私は人前で話すことが苦手だったのですが、
父親にそのことを揶揄されていました。
もじもじしてしまってうまく話せないのです。

上のような、私の性格的な短所部分をよく指摘されました。
ただ、私の長所をほめてもらえるということは記憶にありません。

私のことをほめてくれたと覚えているのは、
私の父の弟、私のおじさんくらいです。

このおじさんは、私が勉強ができたことに対し、「お前はすごいな、すごいな。」と高いトーンの声で
ほめてくれるのです。
私の家族では、
ほめてくれることがなかったとも言えないのですが、
本当にほめてくれているかどうかは、
その言い方とか、声の出し方でわかるものです。

私の両親は、私にあまり興味がなかったのだと理解しています。

この件が、私の親への複雑な感情の一端であると認識しています。


話を戻しますが、
いろいろ経験してきて感じますが、
悪いところをなおすことはできないです。

悪いところはなおりません。
もし無理に修正するとすれば、
それは今とは別の人間になります。
よさも消えます。
心もゆがみます。

一般的な話として、
何かを改善しようとすると、
問題点を解消すれば、
改善するのだという信仰を持っている人がたくさんいませんか。


上の考えは、
間違っていると思います。
なんでみんな悪いところばかりみるのでしょうね。
いいところを見ないです。
いいところを伸ばそうと考えるべきです。

悪いところは、治すのではなく、
応急処置くらいで悪化しない程度に
コントロールするよう考えるべきです。

自分の強味を伸ばして、
弱みを抑えて
人生を生き抜きましょう。
弱みは誰かに助けてもらえばいいんですよ。
自分ひとりでやる必要ないですよ。

強みも弱みも受け入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA